幼児をパパに託して母体ともと昼飯しました。

この間の梅雨の真ん中の晴天のOFF。以前より母体ともとランチタイムの誓約をしていました。幼子連れで遊ぶことは何かとあっても何より、幼子といると次第にできない。陳述もできない。ただ遊ばせるだけでその日にちが過ぎて仕舞う。今度幼子を置いてどっか行きたいね、と話してて、何とか実現しました。
子供が出来てから、自分だけの日にちなんて殆どないので、貴重なOFF、母体ともとのランチタイムになりました。
一時間ほど車両を乗り継いで出掛けた先は二子玉川。田舎の母体憧れのおしゃれタウンだ。
いつもなら、幼子が騒がないか、抱っこなので、車両が困難だったり、短く着かないかなあとそんなことばかり考えていますが、そのときばかりは無休トーキング。講話が途切れることもなく、ずーと幼子のことや、旦那の場合、いろんなことを話して、楽に目的地に着き、高島屋でランチタイムして、そのあとも反対側のライズでお茶して、久しぶりに有意義な日にちを話すことができました。
幼子なしで母体だけのランチタイムのトリップでしたが、やはり話す詳細は幼子の場合、買物の時も幼子の衣服だったり、離れていてもおもうことは幼子の実態ですなあ、と実感しました。
この日にちを作ってくれた親父にもサンキュー。
有難うお嬢様酵素 楽天